四国遍路世界遺産登録祈願プロジェクト

カートに追加

四国遍路世界遺産登録祈願プロジェクトについて

「四国遍路世界遺産登録祈願プロジェクト」とは?

弘法大師の開創から1200年以上の歴史を誇る四国遍路。古くから数多くの人々を癒やし続けた道であるだけでなく、札所となる寺院には国宝や重要文化財に指定されている建物、宝物、仏像などが多数存在します。また遍路道の風景、お接待の文化など、世界遺産となるにふさわしい存在です。
当プロジェクトでは四国遍路の素晴らしさを世界へと発信するために、四国遍路の世界遺産登録を応援し、さらには四国の伝統文化の継続・発展に貢献することを目的に発足しました。
第一弾の「四国銘酒88 おへんろ絵巻」をはじめ、今後も四国の地場産品を販売。その売り上げの一部は、(一社) 四国八十八ヶ所霊場会等に寄付。世界遺産登録のための活動に役立てていただきます。

ご利用ガイド